【参加登録受付中】ICOM-DRMC2021年次大会

[2021.9.17] ICOM-DRMC(国際博物館会議 博物館防災国際委員会)は、2021年の年次大会を、11月4~7日にハイブリッド方式により、日本(東京・岩手)で開催します。

 

 

参加登録はこちら(DRMC2021年次大会HP)

 

 

テーマ

「文化財防災ネットワークの構築:連携に関する事例研究」

 

世界中の博物館の職員やコレクションは、地震、津波、火災、気候変動、さらに政情不安や紛争等、様々な災害の危機に直面しています。これらの災害に対処してきた世界の博物館専門家の経験は、人命や貴重な文化財、博物館コレクションを保護するための戦略を構築していく上で、大いに役に立つと思われます。折しも2021年は、東日本大震災10周年を迎えることから、ICOM-DRMCでは、これらの知識や経験を共有するために、日本で年次大会を開催いたします。会議は、日英同時通訳で行います。

 

大会では、例えば以下のような様々な意見交換ができればと思っています。

・博物館専門家は、どのような防災・レスキュー計画を立てるべきか?

・公的機関や民間組織の関係者と博物館がどのように調整・連携するべきか?

・どのような機材やマニュアルが有益か?

・危機に際して、博物館はまず何をするべきか?

・戦略や交渉がうまくいかなかった場合、それはなぜなのか?何が間違っていたのか?

・博物館は、防災や救援活動において、どのような役割を果たすべきか?

・博物館は、防災や救援活動においてどのようにリーダーシップを発揮すべきか?

 

 

ICOM-DRMC年次大会プログラム

11月4日(木)
12:00~17:00(日本時間)DRMC年次大会【東京国立博物館】

 

11月5日(金)
東京駅→盛岡駅(東北新幹線)
岩手県立博物館視察 移動:貸切バス(→陸前高田)

 

11月6日(土)
9:00~12:00(日本時間)東日本大震災津波伝承館等視察 移動:貸切バス
13:00~17:00(日本時間)東日本大震災10周年記念シンポジウム【陸前高田市コミュニティホール】

 

11月7日(日)
9:00~(日本時間)旧生出小学校(陸前高田市立博物館被災資料収蔵庫)、陸前高田市立博物館(建設中)等視察
移動:貸切バス(→仙台)
仙台駅→東京駅(東北新幹線)

 

 

ICOM-DRMC年次大会主催者
ICOM-DRMC(博物館防災国際委員会)
ICOM日本委員会
公益財団法人日本博物館協会
独立行政法人国立文化財機構文化財防災センター
東京国立博物館
京都国立博物館
岩手県立博物館
陸前高田市

 

詳細

ICOM-DRMC年次大会(日本開催)HP

 

[PDF] フライヤー (1MB)を見る

 

お問い合わせ
メール:
ICOM-DRMC年次大会実行委員会(日本語可)

 

 

 

参考:ICOM-DRMCについて

ICOMには、現在32の国際委員会があり、それぞれ毎年世界各地で年次大会及び総会を開催しており、3年に1回開催されるICOM大会では、すべての国際委員会が一堂に会して会議を行います。来年は、8月20~27日にチェコ・プラハで第26回ICOM大会が開催される予定です。

 

ICOM-DRMC(International Committee on Disaster Resilient Museums;国際博物館会議博物館防災国際委員会)は、2019年のICOM京都大会で新たに設立された国際委員会です。博物館防災の重要性について喚起するとともに、文化遺産の災害対応に関する関係組織間の連携・協力の促進、博物館防災に関する情報の共有、研修機会の提供、専門的なネットワークの構築等を行うことを目的としています。

 

DRMCでは、初の年次大会・総会を2020年にメキシコで開催する予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い中止となったため、本大会がDRMCの初の年次大会の開催となります。折しも、昨年国立文化財機構に文化財防災センターが発足したところであり、2021年は東日本大震災10年でもあることから、国立文化財機構の本部事務局が置かれている東京国立博物館及び東日本大震災で甚大な被害を被り、復興が進んでいる岩手県陸前高田市で開催します。

 

<ICOMの国際委員会等の日本開催>
今回で10回目。過去の開催実績は以下の通り(ICOM京都大会を除く)。

1991年    CIMCIM(楽器の博物館・コレクション国際委員会)
1994年   COSTUME(衣装の博物館・コレクション国際委員会)
1994年   CIMAM(近現代美術の博物館・コレクション国際委員会)
2000年  MPR(マーケティング・交流国際委員会)
2009年  ASPAC(アジア太平洋地域連盟)
2012年  CECA(教育・文化交流活動国際委員会)
2015年  CIMAM、ICOFOM(博物館学国際委員会)
2018年  ASPAC

 

<DRMCボードメンバー>
委員長  Diana Pardue(アメリカ)
副委員長 Ihor Poshyvailo(ウクライナ)
事務局長 Brian Daniels(アメリカ)
財務担当 栗原祐司(京都国立博物館副館長)

 

<ICOM日本委員会役員>
委員長  青柳正規(山梨県立美術館長、石川県立美術館長)
副委員長 栗原祐司(京都国立博物館副館長)
副委員長 福野 明子(国際基督教大学博物館湯浅八郎記念館館長代理)
副委員長 𠮷田 憲司(国立民族学博物館長)