国際博物館の日とは
ICOMでは、5月18日を「国際博物館の日」(International Museum Day: IMD)とし、博物館が社会に果たす役割を広く知っていただき、博物館に親しんでもらうための活動に取り組んでいます。現在では世界中の158の国と地域で約3万7000以上の博物館が参加しています。日本でも、2002 年に初めて国際博物館の日に参画して以来、多くの博物館が無料開館や開館時間の延長、他の博物館との連携事業、さらには地域や街との連携イベントなどを実施しています。例えば、東京の上野や福岡市、北九州市が国際博物館の日に合わせて企画したミュージアムウィークがあります。
なぜ5月18日?
1977年5月18日から29日までに開催された第11回ICOMモスクワ大会で、「国際博物館の日」を設ける決議が採択され、5月18日を国際博物館の日としました。以来、毎年 ICOM がテーマを設定し,この5月18日を中心に世界中の博物館が無料入館やイベントなど様々な記念行事を行っています。なお、ICOM大会の開催年は、大会のテーマがそのまま国際博物館の日のテーマになります。
記念事業の参画について
ICOMは、「博物館には持続可能で公正な社会を実現するための主導的役割を果たす力がある」という信念に基づき様々な社会問題を取り上げています。国際博物館の日は、まさに博物館が向き合うべき課題を掲示し、記念イベントを通じて、社会とともにより良い未来を作る可能性を探ります。毎年のテーマに合わせて世界中の博物館とともに展覧会やイベントなど記念行事を行うことで、世界に繋がり、通常の博物館活動とは違った視点で博物館を世界に発信することができます。特に、ICOM日本委員会に記念事業の実施を登録することによって、ICOMのネットワーク経由で国内外に発信することができます。そして、国際博物館の日の記念事業に参加することで、参加者自身の声を博物館を通じて世界に届けることにつながります。

2022年 国際博物館の日

博物館の力:私たちを取り巻く世界を変革する
The Power of Museums: Museums have the power to transform the world around us

本年のテーマには、博物館は世界をよりよい場所に変える力がある、そうしたメッセージが込められています。博物館は「過去」そして「現在」、時に理解が難しく、言葉では言い尽くせないものを芸術や知識、啓蒙という形で表現することで、複雑な世界の多様性を解き明かす唯一無二の力があります。そして、社会の発展という、相互に作用しながら脈々と続く流れの先頭に立ち、牽引していく力があります。

日本委員会では、各ミュージアムでの記念事業の実施呼びかけ、ならびに記念シンポジウムを5月22日に東京国立博物館にて開催します。

記念事業実施のお願い

「国際博物館の日」の記念事業は世界各国で取り組まれており、日本では日本博物館協会として2002年に初めて参加して以来、21回目を迎えます。本年は、ICOMプラハ大会2022の開催年であり、「国際博物館の日」においてもそのテーマ、“博物館の力”(The Power of Museums)のもとに世界各地で諸事業が展開されます。会員の皆さまには、2022年1月25日付で記念事業の実施に関するお願いを送付しています。ご協力いただける場合は、添付の回答用紙にてお知らせください。

ICOM日本委員会 主催イベント

2022年5月22日(日)13:30-17:00

2022年国際博物館の日シンポジウム「博物館の力 : わたしたちを取り巻く世界を変革する」

2022年の国際博物館の日のテーマは、8月に開催されるICOMプラハ大会のテーマと同じ”The Power of Museums: Museums have the power to transform the world around us.” (「博物館の力 : わたしたちを取り巻く世界を変革する」)です。博物館と市民社会、持続可能性、レジリエンス(強靭性)、人権、技術開発等を視野に入れ、博物館のリーダーシップについて議論することが主眼とされています。

本シンポジウムでは、8月に開催予定のICOMプラハ大会の紹介とともに、テーマに関連する専門家による講演に加え、今後国際的に活躍する博物館人材を育成する観点から青柳委員長と若手学芸員の対談をとおして今後の博物館の在り方を探ります。博物館関係者はじめ博物館に関心のある方々のご参加をお待ちしております。

日時| 2022年5月22日(日) 13:30〜17:00
会場|東京国立博物館 大講堂
定員|200名(先着順)
参加費|無料
申込み締切り|2022年5月16日(月)

※お申込みいただいた方宛に、5月18日(水)に当日の参加方法をメールにてお送りします。メールが届かない方は事務局までお問い合わせください。
※ オンラインでのライブ配信は予定しておりません。

主 催|日本博物館協会、ICOM日本委員会
共 催|東京国立博物館
後 援|文化遺産国際協力コンソーシアム
協 賛|アクティオ株式会社、株式会社エルコム、 日進医療器株式会社、株式会社乃村工藝社、株式会社丹青社、THK株式会社、 株式会社トータルメディア開発研究所、タキヤ株式会社

全国で予定されている記念事業

これまでの国際博物館の日

詳細
2021年
博物館の未来:再生と新たな発想
The Future of Museums: Recover and Reimagine
国際シンポジウム
2021年5月15日(土)オンライン開催
詳細
2020年
平等を実現する場としての博物館:多様性と包括性
Museums for Equality: Diversity and Inclusion 2020
国際シンポジウム
2020年5月16日(土)オンライン開催
詳細
2019年
文化をつなぐミュージアム―伝統を未来へ―
Museums as Cultural Hubs: The Future of Tradition
特別講演会 2019年5月17日 東京
記念シンポジウム 2019年5月26日 京都
詳細
2018年
新次元の博物館のつながり-新たなアプローチ、新たな出会い-
Hyperconnected museums: New approaches, new publics
国際シンポジウム
2018年5月19日 大阪歴史博物館
詳細
2017年
歴史と向き合う博物館 ―博物館が語るものは―
Museums and Contested Histories: Saying the Unspeakable in Museums
国際シンポジウム
2017年5月21日 京都国立博物館
詳細
2016年
博物館と文化的景観
Museums and Cultural Landscapes
国際シンポジウム
2016年5月22日 東京文化財研究所
詳細
2015年
持続する社会と博物館
Museums for a sustainable society
国際シンポジウム
2015年5月17日 京都国立博物館
詳細
2014年
コレクションは世界をつなぐ
Museum collections make connections
国際シンポジウム
2014年5月18日 国立新美術館
詳細
2013年
博物館(記憶と創造)は未来をつくる
Museums (Memory + Creativity) = Social Change
詳細
2012年
変容する世界と博物館 ―新しい挑戦、新しい発想―
Museums in a changing world. New challenges, new inspirations
詳細
2011年
博物館と記憶
Museum and Memory